広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 逃げろ!のあと | main | 本を読め(2) >>
本を読め(1)
JUGEMテーマ:家庭教育

この春
高校生、大学生になる人達は
十分にある時間を使って
本を沢山読んで欲しい。

今の20代〜50代くらいの人の弱点は
教養の無さである。

社会が一瞬で答を出すことを求めた結果、
この年代の人達はじっくり考えることをしなくなり、
その子どもたちであるあなた方も
じっくり考えることを求められなくなった。

しかし、社会を動かす人たちは皆
教養がある。

そして

若い人たちは
「社会なんて動かさなくて良い。」
「自分は安定して生きていれば良い。」
と言うようになった。

すべての人が
社会を動かさず、自分の安定だけを求めていたら、
社会が安定せず、荒廃していくだけだ。

私が高校生の間は1日1冊
大学生の頃は1日5冊を
デューティーにしていた。
大学院生の頃は
専門書2冊と論文20報を義務にしていた。

まあ、それで教養がついたかといわれると
「こんなもんです」としか言いようが無いが、
本を読まずに来た人よりは教養があると思う。
(それはみなさんのご判断で)

どんな本を読んだとしても、
体や頭に薬にはなっても
毒にはならないだろう。

だから、まずはなんでもいいから
手近にある本を読め!

漫画ではなく、
活字を読むことだ。

短篇集でも
評論文でも
エッセイでもいいから
本を読め!

今、就職面接で求められているのは
実は教養力だったりするのだ。
Posted by : akinakanoart | ツレヅレナルママニ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/156
TOP
自動相互リンク