広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 本を読め(1) | main | 今年から >>
本を読め(2)
JUGEMテーマ:家庭教育


本を読め!って言われても、
何を読んでいいのやら分からない
っていうのが本音かもしれませんね。

<とにかく分からなくても目を通しておくべき本>
デカルト 方法序説 (岩波文庫)
理系、文系にかかわらず、
論理的に物事を考えるときに
必要な方法が書かれています。

<数学の勉強方法がわからない人が読む本>
結城浩 「数学ガール」シリーズ
数学ガール (数学ガールシリーズ 1)
数学ガール フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)
数学ガール ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)
数学ガール 乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ 4)
数学ガール ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)
数式やグラフや図形がいっぱい描かれているけれど、
分からなければすっ飛ばして、
時々出てくる言葉を気をつけて読みましょう。
例えば、「例示は理解の試金石」などなど。

<論理的な文章を書きたい人>
本多勝一 日本語の作文技術 (朝日文庫)
個人的にはこの人嫌いなんだけど(笑)、
この本は最高の作文指導書です。
小論文クラスの教科書です。

<心に残る文章を書きたい人>
竹内政明 「編集手帳」の文章術 (文春新書)
新聞コラムで一番いいと思う読売新聞の「編集手帳」を
書いておられる竹内氏がその秘伝?を明かした本。
本多勝一氏の本とは異なり、
技術書というより、やっぱりコラム。

<古典を楽しみたいけど…>
与謝野晶子訳 与謝野晶子の新訳源氏物語 (文芸シリーズ)
やっぱり古典の基本は源氏物語です。
下手な現代小説なんかよりはるかに面白いです。
ドキドキワクワク読んで下さい。

<やっぱり漱石>
夏目漱石 何でも
とにかくとっつきやすいところから読めばいいかな?
分からなくても最後まで読んでみるといいです。

<長い文章が読めない人>
星新一 何でも
どうしても、長い文章が読めない人は
とりあえず星新一のショートショートからスタートです。
慣れれば、一話を一分ぐらいで読めるようになります。
落語の小咄みたいな感じです。
「さげ」の余韻が楽しめればいいでしょう。

このあたりからはじめて
カント、ショウペンハウエル、西田幾多郎などの哲学書
太宰、鴎外などの明治期の文豪の小説や
海外の名作
現代小説などなど
2〜3年で100冊を目標に読んでみましょう。

入試には役に立たないように思うかもしれませんが、
文章の読解力が上がれば、
成績は自ずと上がってきます。

成績だけでなく、
教養が深くなれば
責任ある立場になった時に
全く立ち居振る舞いが違ってきます。

Posted by : akinakanoart | ツレヅレナルママニ | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/157
TOP
自動相互リンク