広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 理科が苦手な子供の特徴 その3 | main | 簡単なことなのに出来ないこと >>
不登校対策で家庭教師にこだわる理由
JUGEMテーマ:不登校対策

不登校対策である程度関係が築けてくると
保護者の方から
「どうして『家庭教師』なのですか?
やってることはカウンセリングじゃないんですか?」
とよく尋ねられます。
 
確かにある程度状態が良くなってくると
ほとんどが登校に向けての
カウンセリングだったりします。

が、特に初期の段階では
会話のきっかけがないのです。
カウンセリングとしては傾聴が重要ですが、
それだけでは時間がとてもかかります。

そこで、共通の話題を見つけて
徐々に心を開いていってもらうのが
最も速く自然に打ち解ける方法です。

ところが傾聴だけだと、
その数倍の時間がかかります。

その共通の話題として
「学習」を用いています。

どっちにしろ必要なことですし、
子供もそう思っているので、
自然と会話が生まれるのです。

「勉強したくない」という発言を
引き出すだけでも大きな進歩だったりするのです。
Posted by : akinakanoart | 不登校対策 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/202
TOP
自動相互リンク