広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 不登校対策で家庭教師にこだわる理由 | main | 新規募集(不登校対策・家庭教師) >>
簡単なことなのに出来ないこと
JUGEMテーマ:不登校対策

子供に何かを伝える時に大事なことは
目の高さを同じにすること。

実はとっても簡単なのに
ほとんどの大人はやっていない。

昨日あるところで
おそらくだけど自閉症スペクトラム障害のある子供が
親の言うことを聞かずにいた。

お母さんは「◯◯しなさい!」と体を大きくして怒鳴りつける。
相手より有利に立ちたい時に体を大きく見せて威嚇するのは
動物としての本能なので仕方ないのかもしれない。

でも、そこで、しゃがみこんで
子供の目の高さまで降りれば
子供の考え方がよく分かるはず。

その高さから見下されたらどんなふうに感じるだろうか。
威嚇した体勢で命令されて言うことを聞きたくなるだろうか。
ましてや音や光などの刺激に敏感な子供に
大声で怒鳴ったらどう感じるだろうか?

いろんな育児書で目の高さを合わせましょうと書かれている。
だから、子育てをする時、みんなそのことは知っているんだと思う。
でも、いざとなると出来ない。

とっても簡単なことだけど、
動物としての本能を乗り越えなくては出来ない
とても難しいことなのかもしれない。

そこで、すっとしゃがみ込む勇気があれば
きっと子供も変わってくるはず。

子供にだけ勇気を求めては結果はついてこない。
結果を求めるのなら、大人にだって勇気が必要なんだ。




昨日一人の子が学校に行く決心をしてくれました。
どこまで続くか要観察だけど、
今日はすごく嬉しい1日を過ごす予定です。
明日から、彼女にとって試練が続くかもしれないけれど、
影からそっと見守っていくつもり。
すっ転んだりしないように、ほどほどにガンバれ!
Posted by : akinakanoart | 不登校対策 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 09:16 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/203
TOP
自動相互リンク