広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 嬉しいメール | main | 転学は認めないだと??? >>
これからが難しい
JUGEMテーマ:不登校対策


多くの不登校の子供達を見てきましたが、
今まで全ての子供が別室や保健室には
行くことができるようになります。

実は、ほとんどの問題はここから先で起こります。
そう、教室に入ることがとても難しいのです。

理由は3つ


私の影響力が0に近くなる
学校に行くようになると、
ほとんど直接会うことがなくなります。
当然のことながら、私の影響を受けて学校まで行けても
そこから先は学校と子ども自身の問題になってしまいます。
できれば週に1回でも会えるといいのかもしれませんが、
学校に行って環境に慣れてほしいというのもあるので
どのように対応するべきか現在とても煩悶中です。

教室の環境を変えることが難しい
不登校の子供一人のために、
教室の環境を変えることは
事実上不可能です。
教室へ入室することは不登校の子供にとって
アウェイの環境に放り込まれるわけで
すぐに溶け込むことが難しいでしょう。

学校の無理解
ほとんどの担任の先生は
受け持ちの生徒のために一生懸命努力してくださいます。
しかし、学校全体として対応してくださることは
ほとんどありません。

特に、今まで不登校がほとんどいない学校や
不登校があまりに多すぎる学校では
その傾向が強いようです。

基本的に、不登校は担任の先生一人で対応するには
荷が重すぎることが多いです。
校長・教頭を筆頭に全校的に対応するプログラムが必要ですが、
そのように思われているところはあまりないんじゃないかと思います。
せっかく導入されたスクールカウンセリング制度をもっと活用して
不登校に対応していただけたらと思います。

Posted by : akinakanoart | 不登校対策 | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 06:59 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/209
TOP
自動相互リンク