広島県広島市安芸区JR安芸中野駅から徒歩1分の学習塾・家庭教師。元広島大学教官が高校受験生、大学受験生を対象に全教科徹底指導いたします。また、AO入試・大学院受験・就職試験に必要な小論文指導も行います。不登校の子供には、フリースクール、訪問カウンセリング、通信サポートも致します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 模様替え | main | 理由は行動のあとで思いつく >>
まずは基本
成績が悪い子というのは、
小学生や中一で学ぶ
基本分野の学習が不十分です。

これは子供が悪いのではなく、ゆとり教育により、
反復練習が少なくなっために起こったことです。

その結果、 今では、九九が十分に言えない
高校生も珍しくはありません。

そこで、現在、特に「できない子供」に対しては、
小学生の内容の学習をさせています。

まずは基本をなんども繰り返し学習すること。

これが、低成績層には絶対に必要なことです。 
家庭でも、テレビやマンガを見させるより、
本を読むようにしてください。

学力の基本は日本語です。

現在は小学高から英語を習い始めるようですが、
これにより国語の時間が削られるようでは
本末転倒もいいところです。

学校には頼れそうにもないので、
家できちんと日本語が読み書きできるように、
読書習慣をつけるようにしてください
Posted by : akinakanoart | 学習について | 07:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 07:04 | - | - | - | - |
コメント
今年中学受験していわゆる進学校に入れましたが、計算ミスで、得点を落としてしまいます。中高一貫教育で、中学2年には中学分野をすべてやってしまうので、気が気ではありません。何かよい方法を教えてください。お願いします。
| 手谷貴子 | 2010/12/05 12:25 AM |

返事が猛烈に遅くなってしまい申し訳ございません。
あくまで言い訳ですが、冬期講習にかかりきりで
ネットはメールしか見ていませんでした。
おかげで、模擬試験の成績はみんな合格圏内に
入っていますが、油断大敵です。

計算ミスの予防法については以下の記事に書いております。
http://takuchi.jugem.jp/?eid=28

それと、もう一つ。
中高一貫校に入るくらいの学力を持っているお子さんの場合、
能力を過信していることも多いです。
簡単な基本ドリルを繰り返して
計算ミスの原因を見つけてあげてください。
計算ミスを、「あ〜また凡ミスだ〜」と
繰り返していると、それが習慣になってしまうので
早いうちに対策しておいてくださいね。
| 管理人 | 2011/01/12 8:01 AM |










この記事のトラックバックURL
http://takuchi.jugem.jp/trackback/31
TOP
自動相互リンク